pub-6943241156091895
※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。


ダイソーのバランスボードの使い方を徹底調査!バランスボードの効果で痩せるのか調べてみた!

100均
スポンサーリンク

運動したいけれど、きついトレーニングは続けられないとお悩みのあなた。

立って乗るだけで体幹トレーニングが出来るバランスボードをご存じですか?

バランスボードとは、半円形をした30~40cmのボードで、ゆらゆら揺れる不安定な状態でトレーニングを行うことで体幹やバランス感覚のトレーニングが出来る道具です。

使い方は立って乗るだけなので、テレビやスマホを見ながらの「ながらトレーニング」が可能!

そんなバランスボードは、100円ショップのダイソーでも手に入れることが出来ます!

きつい筋トレやランニングは続かないという人でも、ダイソーのバランスボードなら気楽に始められます!

また、立って乗る以外にも様々な使い方があることがわかりました!

今回は、ダイソーのバランスボードの使い方や効果について詳しく調べてみました♪

 

 

スポンサーリンク

ダイソーのバランスボードの使い方

体幹トレーニングに有効なバランスボードは、100円ショップのダイソーでも手に入れることが出来ます。

ダイソーで売られているバランスボードは、円形タイプのバランスボードです。

円形タイプのバランスボードとは、円盤の下にボールのようなものが付いており、その円盤の上に乗ってバランスを保つものです。

売り場はお店によりますが、ダイソーのフィットネスコーナーにあることが多いようです。

ダイソーのバランスボードの大きさは、【36cm×36cm×5.5cm】で、値段は550円(税込)となっています。

スポーツ用品店などで売られているバランスボードの大きさは、直径30~40cmのものが多いので、十分な大きさですね。

そしてお値段ですが、ネット通販でバランスボードを買おうとすると、安くても1500円くらいです。550円(税込)で買えるのは、とってもお得!

では、ダイソーで買えるバランスボードはどのような使い方が出来るのでしょうか?

100円ショップの商品なら、スポーツ用品店で買える一般的なものと同じような使い方は出来ないのでは?と少し心配になりますよね。

調べてみると、一般的なバランスボードの使い方と同じように、体幹トレーニングやエクササイズに問題なく使用できることがわかりました!

今回は、ダイソーで買えるバランスボードの使い方について詳しく調べてみましたので、ご紹介します♪

 

立って乗る

バランスボードは、立って乗っているだけで体幹トレーニングになります。

なぜかというと、不安定なバランスボードの上に立ってバランスを取ることで、普段意識しない体幹や、インナーマッスルが刺激されるからです。

片足ずつゆっくりとバランスボードの上に乗り、バランスボードの天板が床と水平になるように意識して立ちます。

これだけでも十分体幹トレーニングになりますが、両足で立つことに慣れたらレベルアップして、片足立ちにも挑戦してみましょう!

両足立ちよりもさらにバランスが取りづらくなるので、トレーニング効果がアップ!

立って乗るだけなら、テレビやスマホを見ながらの「ながらトレーニング」が出来ちゃいますね♪

フローリングなど滑りやすい場所では使用しないよう注意書きがありますので、ツルツルした床の上では行わないようにしましょう。

カーペットの上やヨガマットを敷くなどして、くれぐれも転ばないようにお気を付けくださいね。

 

乗ってエクササイズ

立って乗ることに慣れたら、バランスボードの上でのエクササイズに挑戦してみましょう。

バランスボードの上で行うエクササイズは、スクワットが簡単でおすすめです。

まず、バランスボードの上に両足で立って乗り、両腕を前に伸ばします。

そして、ゆっくりと膝を曲げてしゃがむような体勢になり、ゆっくりと戻します。

スクワットは、お尻や太ももの筋肉に効くトレーニングです。不安定なバランスボードの上で行うことで、より効果的なトレーニングになります。

難しい動きではないので、テレビを見ながら出来ちゃいそうですね♪

とっても簡単なので、初心者でも取り組みやすいメニューです。

 

シットバランス

シットバランスとは、バランスボードの上に座り、手足が床につかないようバランスを取るトレーニングです。

手は頭の後ろに置き、膝を曲げた腹筋で体を起こした時のような体勢をとります。

この体勢をゆらゆら揺れるバランスボードの上でキープするのは、結構きつそうですね。

ですが、このトレーニングは腹筋やインナーマッスルに効くのだそうです!

私はお腹の肉が気になっているので、お腹周りに効くトレーニングはぜひ実践してみたいメニューの一つです♪

 

プランク

バランスボードは、体幹トレーニングの定番であるプランクにも使うことが出来ます。

プランクとは、うつ伏せで肘とつま先を床についた状態で、背中を真っすぐに伸ばした体勢をキープするトレーニングです。

バランスボードを使ってプランクを行う方法は、肘の下にバランスボードを置いたプランクか、バランスボードに手をついて行うハイプランクの二通りがあります。

私は普段から筋トレや運動はしていないので、プランクはバランスボードを使わなくても30秒が限界です!

プランクをやったことがある方ならお分かりかと思いますが、シンプルなのにとても効くトレーニングなのですよね。

それを不安定なバランスボードの上で行うのは、想像しただけでプルプルしてきます!

プランクを行う際には、お尻が上がらないよう体を真っすぐにすることを意識しましょう。

また、バランスボードと床が平行になるよう意識することも大切です。

バランスボードを使えば、上半身がゆらゆら揺れるので通常のプランクよりさらに負荷がかかりトレーニング効果アップ!

 

腕立て伏せ

バランスボードを使った腕立て伏せも、初心者におすすめの使い方です。

やり方は、バランスボードの上に手をついて腕立て伏せをするだけ!

とっても簡単なので、これならすぐに取り入れることが出来ますね♪

腕立て伏せは、お尻が上がらずに頭からかかとまでが真っすぐになるよう意識すると効果的です。

腕立て伏せもプランクと同じように、バランスボードが床と平行になるよう意識しましょう。

トレーニングに取り入れる際は、バランスボードと床の間に指を挟まないよう気を付けてくださいね。

 

ダイアゴナル

ダイアゴナルは、スポーツ選手も取り入れている少し難易度が高いトレーニングです。

ダイアゴナルとは、四つん這いの体勢になって片膝と反対の片手を水平まで上げることを左右で繰り返すというトレーニングです。

床についているほうの膝の下にバランスボードを置くことで、普通のダイアゴナルよりも更に体幹に効くトレーニングになります。

動作をゆっくりと行うことを意識すると、より効果的な負荷をかける事ができるそうです。

少々難易度の高いトレーニングなので、取り入れる際には安全に気を付けて、くれぐれも無理せず行ってください。

ダイアゴナルはやったことがありませんが、体幹にすごく効きそうですね!

初心者向けのメニューに慣れてきたら、ぜひ挑戦してみたいです♪

 

 

ダイソーのバランスボードの効果とは?インナーマッスルが鍛えられてコスパ最強!?

ダイソーのバランスボードで、様々なトレーニングを行うことが出来るということがわかりました。

では、ダイソーのバランスボードはどのような効果があるのでしょうか?

550円(税込)といえど、100円ショップのフィットネス用品ならスポーツ用品店などで買えるものよりは劣るのでは?と少し心配になりますよね。

調べてみると、ダイソーのバランスボードはインナーマッスルに効き、スポーツ用品店などで買える一般的なものと変わらない効果があることがわかりました!

バランスボードを取り入れることによって得られる効果には、以下のようなものがあります。

  • バランス能力が上がる
  • インナーマッスルが鍛えられる
  • 骨盤が整えられる
  • 姿勢の改善
  • 体幹の強化によるけが予防

インナーマッスルとは、身体の深い部分にある筋肉のことで、強い負荷をかけるタイプの筋トレでは鍛えることが難しいと言われています。

インナーマッスルは身体の動きをサポートし、呼吸にも関わる筋肉のようです。

バランスボードは、このインナーマッスルを効率的に鍛えることが出来る優秀なアイテムなのです!

そしてインナーマッスルを鍛えることにより、体幹の強化が出来るため姿勢が良くなることも期待できます。

また、バランス感覚も良くなり、けがの予防にもつながるのです。

これがダイソーで550円(税込)で手に入るなら、コスパは最強!手軽に日常のトレーニングに活用することが出来そうです!

 

 

ダイソーのバランスボードは痩せる?立って乗るだけでは痩せない!?

ダイソーのバランスボードを使うことで、インナーマッスルが鍛えられることがわかりました。

では、ダイソーのバランスボードで痩せることは出来るのでしょうか?

残念ながら、ダイソーのバランスボードに立って乗るだけでみるみる痩せるということは難しいです。

これは、実はダイソーのバランスボードに限った話ではありません。

立って乗るだけでインナーマッスルに効果のあるバランスボードですが、それだけでエネルギーを消費して痩せるということは難しいのです。

しかし、インナーマッスルを鍛えることにより、基礎代謝が向上します。

基礎代謝が向上すると、より多くのエネルギーを消費できる痩せやすい身体になることが出来ます!

インナーマッスルが弱いと、体温を維持する力も弱くなるのだそうです。

体温を維持する力が弱いと、体を温めようとして脂肪を溜めやすくなってしまうのです。

バランスボードを使ってインナーマッスルを鍛えれば、身体が太りづらい体質になっていきます!

また、筋肉は脂肪より重いため、筋肉が付くと体重は増えてしまいますが、見た目が引き締まるので実際の体重より痩せて見えるのです!

同じ体重でも、太って見える人と痩せて見える人がいるのは、筋肉と脂肪の付き方の差もあるのですね。

ぜひ、先ほどご紹介したバランスボードの使い方を、日常のトレーニングに取り入れてみてください♪

 

 

まとめ

  • ダイソーのバランスボードは、スポーツ用品店などで売られているものと同じように体幹トレーニングに使うことが出来る
  • ダイソーのバランスボードは、550円(税込)で手に入れることが出来る
  • ダイソーのバランスボードの使い方は、立って乗る以外にも、スクワットやプランク、腕立て伏せにも使うことが出来る
  • バランスボードでのトレーニングに慣れてきたら、バランスボードを使ったダイアゴナルもおすすめ
  • ダイソーのバランスボードを使えば、インナーマッスルが鍛えられる
  • ダイソーのバランスボードで体幹を強化し、けが予防も可能
  • ダイソーのバランスボードを使えば、バランス能力も向上させることができる
  • バランスボードに立って乗るだけで痩せることは難しい
  • バランスボードでインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝が上がる
  • 基礎代謝が上がることにより、痩せやすい身体になる

ダイソーのバランスボードを使って、手軽に体幹トレーニングが始められることがわかりました。

私も最近運動不足気味で、お腹周りのたるみが気になっているので、ぜひ体幹トレーニングを取り入れてみようと思いました!

おうちでトレーニングを始めたいけれど、本格的なものまではちょっと…という際には、ぜひダイソーのフィットネスコーナーを覗いてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました