pub-6943241156091895

上靴の洗い方は石鹸で変わる!?ウタマロ石鹸で簡単に上靴の白さを手に入れよう!

お掃除

汚れた上靴はこすってもこすっても…なかなか落ちないですよね?

あなたは上靴の汚れが取れず、長い時間苦戦した事はありませんか?

私は汚れた上靴を見て、「この汚れ落ちるの?」と思いながら必死に何度も洗っていました。

ですが、石鹸を使った上靴の洗い方をしっかりと学べば、簡単にキレイにする事ができます!

洗い方は、上靴をしっかりとぬらし、石鹸を塗りこむ事です。汚れを浮かせておくことで洗いやすくなります。

更に「ウタマロ石鹸」を使えば、白さを取り戻す「蛍光増白剤」が配合されている為、よりキレイにできますよ♪

ガンコな上靴の汚れが簡単に落ちて「白さ」を取り戻せるのは嬉しいですよね。

この記事では、石鹸を使った上靴の洗い方と、漂白効果のあるウタマロ石鹸を使った効果や、ガンコ汚れの対処法をご紹介します。

 

 

上靴の洗い方は石鹸を使った正しいやり方がある!?ウタマロ石鹸がとても優秀!

あなたは上靴をどのように洗っていますか?上靴の洗い方といえば、以下のような手順が一般的ですよね。

  1. 上靴を水でしっかりとぬらす
  2. 上靴に汚れ部分に石鹸を塗る
  3. 上靴の石鹸をつけた部分をブラシでこする
  4. 水で洗い流す

でも、石鹸を塗ってゴシゴシと洗ったけど、思ったほど汚れが落ちなかった…という方も多いのではないでしょうか?

上靴の汚れを効果的に落とす洗い方として、最初にぬるま湯で1時間ほどつける、洗浄液につける、という方法もあります。

この洗い方でも汚れは落ちてくれますが、毎回つけ置きするのは、正直大変ですよね。

上靴洗いは、毎週、しかも土日に行う方が多いと思います。

上靴をつけ置きするから、外出は後回し…なんて悲しくないですか?

つけ置き無しでも簡単に上靴をきれいにしてくれる石鹸があるのです!

それがウタマロ石鹸です!是非、記事を参考にしながら試してみてください♪

引用 ウタマロ石鹸

 

 

上靴の洗い方は簡単にできる!?ウタマロ石鹸を使った洗い方簡単4STEP

ウタマロ石鹸は、つけ置きいらずで、汚れを簡単に落としてくれる優秀な石鹸です!

ただし、ウタマロ石鹸にするだけで、簡単に汚れが落ちるというわけではありません。

ウタマロ石鹸に変えて、正しい洗い方をすれば、簡単に上靴の白さを取り戻せるのです!

ウタマロ石鹸を使った上靴の洗い方は簡単4ステップです。

 

STEP1 汚れ部分をしっかりぬらす

手早く済ませたい、という理由で、サッと水を流して、すぐにウタマロ石鹸をつけるのは、やめてください。

汚れ部分が十分ぬれていないと、ウタマロ石鹸が汚れまで届きません。石鹸が届かないと汚れが落ちない…ということになります。

食器を洗う際も、洗う前にお皿を水でぬらしますよね。上靴も同じです。

汚れを落とすため、まずはしっかりと濡らしましょう。

 

STEP2 汚れ部分にウタマロ石鹸を塗り込む

ウタマロ石鹸の緑色がうっすらとつくまで、上靴に塗り込んでいきましょう緑色がうっすら色づく、これが汚れに塗り込まれているサインです。

このサイン、見逃している方も多いのでは無いでしょうか?

ウタマロ石鹸が汚れについていないと、こすっても汚れが落ちません。「上靴の汚れ部分に緑色がついているか」見逃さないようにしましょう。

 

STEP3 汚れ部分をしっかりとこする

ステップ2で塗り込んだウタマロ石鹸の緑色が無くなるまで、ブラシでこすっていきましょう。

細かい部分は、歯ブラシなど小さいブラシを使うと便利です。

汚れを落とす作業なので、「緑色が無くなる」ことを確認するまで、しっかりとこすりましょう。

このSTEPでガンコ汚れを落とすので、念入りに取り組みましょう。

 

STEP4 しっかりとすすぐ

洗い終わったら、石鹸が残らないようにしっかりとすすぎます。

すすぎ残しがあると、変色の原因になるので、じゃぶじゃぶと水ですすぎましょう。ドボンと水につけてしまっても良いです。

以上が、ウタマロ石鹸を使った上靴の洗い方簡単4ステップです。ご紹介した順番で上靴を洗うと、驚くほど汚れが落ちますよ。

上靴のガンコ汚れが落ちたときの爽快感は、気持ち良いですよね。汚れが落ちていることを実感する黒い水に感動します。

この4ステップだけなので、お子さんでも簡単に上靴を綺麗に洗えます。

あなたもウタマロ石鹸の洗い方簡単4ステップをマスターして、上靴のガンコ汚れのストレスから解放されましょう。

 

 

上靴の洗い方は漂白剤よりウタマロ石鹸で手間削減!?つけ置きで落ちにくい汚れもお任せ!

「上靴の洗い方簡単4STEP」で洗ったけど、汚れがガンコ過ぎて落ちなかった…。

それくらいガンコな汚れをつけて、上靴を持ち帰ってくるお子さんも多いと思います。上靴を洗うお母さんは、本当に大変ですよね。

上靴を白くするために、漂白剤を使う方も多いと思います。

でも、漂白剤を使う場合、少し手間がかかりますが、洗う前に漂白剤の分量を量って、洗浄液を作る必要があります。

ガンコ過ぎて落ちない汚れも、漂白剤なしでウタマロ石鹸は解決してくれます。

ガンコ汚れを落とす際の洗い方は「つけ置き」です。「つけ置き」の洗い方手順は2点です。

  1. 「ウタマロ石鹸を使った上靴の洗い方簡単4ステップ」にある、ステップ3「汚れ部分をしっかりとこする」を行う
  2. 40度のぬるま湯につけ、20分~2時間、汚れの落ち具合を見ながらつけ置きする

これだけで落ち切らなかったガンコ汚れが綺麗さっぱり落ちます。漂白剤を使う前に、ぜひこの洗い方を試してみてください。

 

 

上靴の洗い方はガンコ汚れにも使える!?衣類にもウタマロ石鹸

ガンコな汚れって上靴に限ったことじゃないですよね。幼稚園の制服が泥まみれ、レストランで洋服にケチャップがついたなど…。

手洗いしても落ちないガンコ汚れに絶望したことありませんか?どうしたら綺麗になるのか、洗い方に悩んだこともあると思います。

白い服についた汚れって、本当に目立ちますよね。

私もお気に入りの洋服に限って、汚して一度しか着なかったということが数えきれないほどあります。

今までは、買い換えるか、汚れが残ったまま着続けるかの2択でした。

でも、買い換えるのも諦めるのも、もったいないです!

ウタマロ石鹸があれば、上靴以外のガンコ汚れの洗い方も解決します。

ウタマロ石鹸には、「白さ」を取り戻す蛍光増白剤が含まれており、汚れを落として「白さ」を取り戻してくれます。

蛍光増白剤とは、紫外線を吸収し、青白い光に変える成分のことです。

もともと白い衣類には、蛍光増白剤が使われていますが、洗濯をするうちに流れ落ち、白さが失われていきます。

ウタマロ石鹸は、洗濯によって失われる白さを取り戻すため、蛍光増白剤が配合されています。

ただ汚れを落とすだけでは、白さを取り戻すことができず、蛍光増白剤を補充しないと白くならないのは驚きですよね。

ゴシゴシ必死に洗っても、白くならないはずです。洗い方が間違っていても、頑張ってゴシゴシしていた私に教えてあげたいです。

ただし、ウタマロ石鹸は使用するうえで注意点もあります。

「白さ」を取り戻すため、オフホワイトなどの淡い色の衣服は白っぽくなったり、色柄ものは色落ちや変色したりする可能性があります。

洗い方の注意点を確認したうえで、衣服や上靴の「白さ」を取り戻したいときに、ウタマロ石鹸を使っていきましょう。

主に以下のようなガンコ汚れにウタマロ石鹸が最適です。

  • 泥で汚れた衣服
  • ケチャップなどの食べこぼし
  • エリ、ソデの皮脂汚れ
  • 化粧品汚れ

これだけ活躍してくれると、一家に一つあった方が安心ですね。

ウタマロ石鹸があれば、泥まみれになった子どもが帰ってきても、笑顔で迎えられます。

 

 

まとめ

  • 上靴の洗い方は石鹸を使った正しいやり方があり、しっかりと上靴を濡らし、石鹸を塗りこむこと
  • 上靴の洗い方のコツとしては、石鹸を汚れ部分につくように見ながら行い、洗い残しが無いようにする
  • 上靴をぬるま湯や洗浄液につけこむ洗い方もある
  • 汚れものに万能な、「ウタマロ石鹸」が販売されている
  • ウタマロ石鹸には、白さを取り戻す「蛍光増白剤」が配合されている為白くなりやすい
  • ウタマロ石鹸は、つけ置きの洗い方でさらに汚れを落とすことができる
  • ウタマロ石鹸のつけ置きは、漂白剤のように分量を量って洗浄液を作る手間がいらない
  • ウタマロ石鹸は蛍光増白剤が含まれている為、オフホワイトや色物の色落ちに注意する
  • ウタマロ石鹼は万能な為、ケチャップなどの食べこぼし、エリ、ソデの皮脂汚れ、化粧品汚れにも効果がある
  • 洗い方に注意をすれば上靴だけでなくガンコ汚れにも幅広く使う事ができる

ウタマロ石鹸で洗えば、上靴の「白さ」を簡単4ステップで取り戻せます。

ウタマロ石鹸を正しく使うと、簡単に上靴の汚れが落ちるのは嬉しいですよね。

上靴以外にも使えるなら、汚れることを気にせず遊び、食事も余裕を持ってできそうです。

ウタマロ石鹸で、ストレスフリーに汚れを落としていきましょう!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました